最新のHTMLとユーザの環境を意識する

Webで何ができるかと考えると、あまりにも大きい話になってしまいますが、HTMLは日々進化し、ブラウザもそれに合わせて 実装されてきています。これまでは「パソコンで見れる」「古いパソコン(ブラウザ)でも見れる」というルールが一般的でした。 しかしパソコン利用率は30-40代がピークで下り坂になっています。そのため「スマホで見れる」「タブレットで見れる」の方が、 「古いパソコン(ブラウザ)でも見れる」を凌駕りょうがしました。

いまや「IE8で見れる」より、「スマホで見れる」方が最重要項目で、分野においては「パソコンで見れる」もすでに逆転しています。


上記の背景を考えると、スマホはだいたい2年毎に買い替えている日本の現状では、古いブラウザより新しいブラウザに目を向ける方が得策となります。 最新のHTMLを有し、ユーザに快適な環境を構築することが望まれます。


では、昨今の「スマホやタブレットデバイス」を意識した最新のHTMLとは何でしょうか。