その分野の学習とヒント

これは驚きました。今実装されてきている信頼性、専門性はの時点で鈴木氏が、はっきりと語っています。 この専門性や信頼性などは、辺りでやっとGoogleがまともに導入できたかな?って感じのアルゴリズムでした。

当時から鈴木氏はもうすでに認知度も高く「専門性や信頼性」のアルゴリズムがなくてもリンクやサイトパワーでカバーできていたでしょうが、当時はなかなか そう上手くは行っていなかったと思います。そこをよく耐えた?(笑)。失礼な言い方に聞こえますが信念に敬意を表します。

動画を見てもらうと分かりますが、サイトオーナーもしくは担当者は、その分野の学習が必要不可欠です。 文章を作成する時に、その分野の学習をせずして何の役にも立ちません。

私のオススメは以下になります。

  • 専門家を探す
  • Wikipediaを探索
  • 書籍を探す
  • 日本の枠を超える
  • 一歩引いて大きなカテゴリも含める。逆にさらにニッチに絞り専門性を追求する

専門家のサイトがあれば、日々購読すべきですし、数年さかのぼことも必要です。
そしてそこから学び、出てきたワードを片っ端からWikipediaで探します。そしてできれば国外からも情報を収集します。
書籍を読むこともメリットが大きいです。これらはすべて「貴方とその他」の差をつけるためです。
「専門家を知らない」、「Wikipediaを見ない」、「書籍を見ない」、「国内でしか調べない」
これらはすべて、人が妥協に転じやすいポイントになりますよね。そこを乗り越えることです。

また、文章力も必要です。人の事を言えた口ではないですが、読みやすく学習してもらう側に立つわけです。

それさえも成しえた人がいて、その人に勝ちたいならWebで勝ちましょう。先進的なSEOで勝ちましょう。他にも学習すれば手だてはいくらでも出てくるのです。

日々の学習は古くなったSEOに固執こしつしたりすることもなくなります。一番危険なのは思い込みと怠慢たいまんです。